スタッフBLOG

モデルハウスC値と新築工事状況

2020.12.24

今日はクリスマス・イブ、生憎の雨ですね。

 

毎年の事ですが私は自宅で家族とゆっくり過ごそうと思っています。

 

先日、弊社寿7丁目モデルハウス『ことぶ木の家』の気密測定が

 

行われました。

 

 

気密測定というのは、建物の隙間がどれぐらいあるのかを測定します。

 

弊社は高気密をお客様へ特にアピールをしておらず、気密の数値目標

 

を設定しておりませんが、C値(相当隙間面積)0.9㎠/㎡というよい結果

 

がでました。

 

これは隙間が約100㎠ある事になり、はがきのサイズよりも小さい

 

隙間になります。

 

C値1.0㎠/㎡未満が気密の数値としては理想といわれています。

 

弊社のダイライト構法とデコスドライ工法の組み合わせで、

 

一般的な基準の気密が確保できる事がわかりました。

 

今後の参考になりそうです。

 

 

話は変わり、現在の新築工事ですが、着々と工事が進んでおります。

 

M様邸は屋根材が施工され、外壁工事真っ最中です。

 

 

M様邸は屋久杉とガルバリュウム鋼板の外壁の組み合わせになります。

 

室内の化粧柱には狂いの少ない宮崎県の飫肥杉が使われています。

 

H様邸も外壁工事真っ最中です。

 

 

白と黒で木目調のシンプルな外観がとても良いです!!

 

軒もしっかり出して、夏は日射を遮り、冬は日射取得するよう

 

設計されています。

 

最後に先日家に帰ったらクリスマスの飾り付けがしてありました。

 

 

水平の梁があると埃が溜まったり、吹き抜けがあると寒いと

 

言われたりしますが、断熱がしっかりしてあれば、

 

吹き抜けがあっても各部屋の温度差はあまりありません。

 

ちなみに無暖房で15度を切る事は数日しかなく、10度切る事は

 

ありません。

 

大きな梁が見えて、吹き抜けがある事でこんな飾り付もできます。

 

梁を見せて、吹き抜けがあるのも中々良いですよ!!

 

平上

bn_contact

▲ PAGE TOP