スタッフBLOG

蒼い雲とクロスカブとさつまあげ

2019.06.20

【蒼い雲が河を流れる此処は僕等の最後の世界

木立に透けて見える初夏の陽差しと甘い憂鬱】浜田省吾 初夏の頃

先日、錦江町城元にあります「ケーオーニシムタ食鮮館」に名物 手造りのさつまあげを買いにクロスカブで出かけましたら、浜田省吾の初夏の頃という歌の歌詞が似合う風景に出会えました。

目的のさつまあげです。程良く甘く、ぷりぷりの食感は病みつきになりますよ(^v^)午前中で売り切れますのでお早目に、、。 新福

bn_contact

▲ PAGE TOP